Association for Flower Essence Therapy

パーソンセンタード表現アートセラピー「花との対話から生まれるもの」

パーソンセンタード表現アートセラピー「花との対話から生まれるもの」

※このオンライン・ワークショップは延期となりました。次のご案内をお待ちください。

こんにちは
スタッフの内出です。
いつもAFETをご支援いただきありがとうございます。

フラワーエッセンスとアートを繋ぐ
秋の「パーソンセンタード表現アートセラピー
「花との対話から生まれるもの」の、ご案内です。★

7月31日にパーソンセンタード表現アートセラピー、
こころの庭に種を蒔く」を行いました。

今回の表現アートセラピー
花との対話から生まれるものでは、
実際に「生きている花」を目の前に置いて、
その花との対話から生まれる世界を旅していきます。

絵や言葉、(技術は要りません)、
内から溢れ出る世界の中で、
今回は、制作も取り入れていきます。
上手い下手などない、
ジャッジも無い世界の中で、
ご自身と、花(植物)の世界の繋がりや、
メッセージを感じてみませんか。

詳細

☆ 時、2022年、10月16日(日) 13:30~16:00
☆ 所、zoom内
☆ 参加費、会員4500円、一般5000円
☆ 定員、5名
☆ 内容、パーソンセンタード表現アートセラピー「花との対話から生まれるもの」
☆ 用意するもの

〇生きている花ひとつ (切り花でも、鉢植えでも、野の花でも、どんな花でも可。)

〇スケッチブックまたは画用紙 数枚

〇クレヨンまたは好きな画材

〇A4用紙などの文字が書ける紙 数枚、鉛筆やボールペン

〇紙粘土(出来れば手につきにくい扱いやすいもの)粘土に色を練りこみたいときは水彩絵具。
(立体物(作品)を創るので、紙粘土以外でも可。例えば柔らかな紙や布、接着するテープや糊、風船、綿・・・など、創作が出来るもの。)

〇作品を飾る好きなもの
(ビーズ、リボン、色紙、砂、小石、葉や枝や実、羽や蔓、スパンコール、布切れ、などなど、自宅にあるものや、自然から頂いたもの、100均などにあるものなど、何でも可)

〇好きなフラワーエッセンス

〇1人になれる空間

★ファシリテーター、内出京子

パーソンセンタード表現アートセラピー・ファシリテーター:内出京子
(パーソンセンタード表現アートセラピーファシリテーター)
2019年 表現アートセラピー研究所、卒業
2021年 ティチャーズトレーニング修了

パーソンセンタード表現アートセラピーについて

「パーソンセンタード表現アートセラピー」とは、
カール・ロジャーズの娘であるナタリー・ロジャーズが、
ロジャーズ法を芸術療法へ進化させ、
アートと心理的アプローチを結んだ豊かなセラピーです。

分析、解釈を行わず、上手も下手も無く、
強制も無い空間の中で、
人間が本来持っている創造性
(クリエィティビティ)に繋がっていく。

創造性は魂と深い繋がりがあり、
自らの内側から湧き出て来るものを
大切に表現しながら様々なアート
(描く、書く、創る、造る、動く、歌う、語る、
身体を動かす、踊る、奏でる・・)など、
多彩な表現方法を繋げながら
本来ある自分自身に触れていく、
戻っていく旅路でもあります。

詳しくは、表現アートセラピー研究所)に
書かれてありますので是非ご覧ください。

みなさまのご参加、心よりお待ちしています。

お申し込みフォーム

※このオンライン・ワークショップは延期となりました。次のご案内をお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。