10/25 実りのオリーブを味わう会(植物とフラワーレメディー)@小豆島

こんにちは。Takaharaです。

フラワーレメディと植物との関係を体験的に学ぶことのできる貴重な会のご案内です。この会はAFETの副会長で、花と星・植物の学びと癒し インナーガーデン を主宰する堤千恵さんが運営する会(AFET協賛)です。

オリーブといえば小豆島ですよね。歴史をさかのぼると、1908年にアメリカからの苗木による試験栽培が三重、鹿児島、香川(小豆島)で開始されましたが、はじめてオリーブの栽培に成功したのが小豆島だったわけですね。それだけ、小豆島の環境がオリーブにあっていたということでしょうね。ですから、オリーブのフラワーレメディについて学ぶには、これ以上の環境はないんじゃないかな。

堤さんは5月30日に「せとうちの100年オリーブお花見会@小豆島」も開催していて、このときはオリーブの花を観察する会でしたが、今回はオリーブの果実です。オリーブの季節ごとのジェスチャーを理解するための貴重な機会です。

20130724_5001

詳細、お申込みは→【香川・小豆島】実りのオリーブを味わう会(植物とフラワーレメディー)

10月25日(日)

10時~12時観察ツアー&収穫体験
13時~15時 オリーブの樹を描く

参加費
午前のみ:2,500円 午後のみ:3,000円 午前・午後両方参加 5,200円(afet会員 5,000円)

定員6名

※観光シーズンに重なりますので、参加を検討される方は早めの宿泊予約をお勧めします。

詳細、お申込みは→【香川・小豆島】実りのオリーブを味わう会(植物とフラワーレメディー)

 

オリーブの花 ― フラワーレメディの植物と触れ合う

こんにちは。AFETのTakaharaです。今日は2つのオリーブの観察会と、オリーブの特集記事が掲載されているニュースレター『アキレア』についてご紹介します。

オリーブのと触れ合う

フラワーレメディの植物の花は意外と身近に見ることのできるものもあります。今の時期なら、ホワイトチェスナット(セイヨウトチノキ)やレッドチェスナット(ベニバナトチノキ)の花を公園や街中で見られるかもしれません。これらの木は公園に植えられていたり、街路樹として植えられていることがあります。

5月の中旬から6月の初めにかけては、オリーブの花が咲きますね。オリーブの木も街中で見かけることがあります。オリーブの花をご覧になったことはありますか。

私たちにとって身近なようで、知らないことも多いオリーブ。花をつけたオリーブの木に会いに行ってみませんか。オリーブのレメディに、どうして心身の疲労や消耗から回復を助ける力があるのかを植物から直接学ぶチャンスです。

5月30日(土)には大阪で、5月31日(日)には小豆島で、オリーブをテーマにした会がAFET協賛という形で開催されます。(AFETの会員の方は参加費の割引があります。)

オリーブ

5/30 「オリーブと友達になる」観察会@大阪長居植物園・・・【受付中】

フラワーエッセンス Seeds of Angelica主催 AFET協賛、会員割引あり)

5月30日(土) 10時30分~13時+(休憩)+13時30分~14時30分
参加費 5,000円(会員割引価格 4,500円) 案内役・講師 高原大輔 定員12名

お問い合わせ、お申込みなど詳細は→「オリーブと友達になる」観察会-2015/5/30:大阪長居植物園

 

5/31 せとうちの100年オリーブお花見会@小豆島・・・【受付中】

花と星・植物の学びと癒し インナーガーデン 主催 AFET協賛、会員割引あり)

5月31日(日)10時~12時
参加費:3,000円(会員割引価格 2,500円) 案内役・講師 堤千恵 定員6名

お問い合わせ、お申込みなど詳細は→【香川・小豆島】せとうちの100年オリーブお花見会

 

ニュースレター『アキレア』バックナンバー:vol.9 特集「オリーブ」

AFETでは2013年5月に小豆島でオリーブの観察会を行ったことがあります。それまでオリーブの木といえば、イタリアンレストランの前の鉢植えのオリーブくらいしか見たことのなく、オリーブについて勝手なイメージを持っていたのですが、樹齢数十年から100年に近いような木が立ち並ぶオリーブ畑の中で、その思い込みは見事に崩れ、いろいろな発見がありました。この観察会をきっかけに、オリーブ農家を取材したりして、オリーブの特集を組んだニュースレターを発行しました。

2013年のニュースレター『アキレア』春夏号vol.9 特集「オリーブ」

アキレア vol.9
アキレア vol.9

 

・オリーブの植物学的特徴
・フラワーエッセンスとしてのオリーブ
・小豆島とオリーブの歴史
・オリーブと壺井栄さん
・オリーブの木を見て感じたこと
・オリーブの詩
・オリーブ農家の山田典章さんに話を伺う
・オリーブと人のかかわり、その歴史と物語

 

※ニュースレターのバックナンバーはお求めいただくことができます。

詳しくは→ニュースレター『アキレア』

 

フラワーレメディの植物に会いにいくと、それ以前とそれ以後で会いに行った植物のフラワーレメディを服用した時の実感が違うように思います。
みなさんとオリーブとのよい出会いがありますように。

【受付開始】5/31 せとうちの100年オリーブお花見会@小豆島

こんにちは。AFETの高原です。

今日から受付開始になったイベントが二つあります。一つは今朝ご案内したスカイプ・フラワーエッセンス勉強会「マスタード」、もう一つは花と星・植物の学びと癒し インナーガーデンの堤千恵さんが主催される(AFET協賛企画)「せとうちの100年オリーブお花見会@小豆島」です。

5月31日はオリーブの花が満開になるんじゃないかと思います。満開の樹齢70年くらいのオリーブの木々に囲まれて瀬戸内の光と風を感じて過ごす時間は、オリーブのフラワーレメディを理解するうえでも物凄く貴重な経験になるはずです。案内役はAFETの副会長でもあり、フラワーエッセンスはもちろん、植物療法全般に豊富な知識と経験をもつ堤千恵さんです。超おすすめお花見会です。

 

詳細やお申し込みは以下のリンクからどうぞ。

せとうちの100年オリーブお花見会@小豆島・・・【受付中】

花と星・植物の学びと癒し インナーガーデン 主催 AFET協賛)

cropped-DSC_41161.jpg

日時:5月31日(日)10時~12時

参加費:3,000円(会員割引価格 2,500円)

案内役・講師 堤千恵 定員6名

詳細は→【香川・小豆島】せとうちの100年オリーブお花見会・・・【受付中】

 

オリーブ

 

その他、現在受付中、または受付間近の観察会です。(↓)——————————————

「ラーチと友達になる」観察会@神戸森林植物園・・・【受付中】

フラワーエッセンス Seeds of Angelica主催 AFET協賛)

4月25日(日)10時~13時+14時~16時30分
観察会+カフェトーク
参加費 6,000円(会員割引価格 5,500円) ガイド役 高原大輔 定員8名
詳細は→「ラーチと友達になる」観察会-2015/4/25:神戸市立森林植物園・・・【受付中】

 

「ワイルドローズと友達になる」観察会@東京都薬用植物園

フラワーエッセンス Seeds of Angelica主催 AFET協賛)

5月10日(日)10時~13時+14時30分~16時(未確定:2月初旬決定)
案内役・講師 高原大輔 定員8名
詳細は→「ワイルドローズと友達になる」観察会-2015/5/10:東京都立薬用植物園

 

4/20 フラワーエッセンス野外ワークショップ

「樹木に触れ、こころで感じる・春の芽吹きとともに」

木のことを理解するには季節を通して、会いに行くことが一番です。

昨年、秋には東京で同じ会をおこないましたが、
今度は芽吹きの季節の樹木を神戸・六甲山で観察します。

神戸森林植物園は都市部から少し離れ、山の気分を存分に味わえます。
また、様々な国の樹木の見本が見られるので、
イギリスのフラワーエッセンスと同じ種の樹木もあります。

自然の中で花や植物、フラワーエッセンスに興味ある人たちで集まり、
語りながら樹木に触れてみませんか。

◆ こんな方にとくにお勧め ◆
・樹木が大好き
・木とお友達になりたい
・木に癒されたい
・バック(バッチ)エッセンスの理解を植物をとおして深めたい
・植物やフラワーエッセンスに興味がある人たちと交流したい
・体感的に樹木を感じてみたい

DSC_3793

バッチフラワー関連で見られる樹木

・ヨーロッパブナ(ビーチ)
・カラマツ(ラーチの近縁種)
・ヨーロッパカラマツ(ラーチ)
・ホワイトチェスナット
・トチノキ(ホワイトチェスナットの近縁種)
・アカマツ(パインの近縁種)
・シデ(ホーンビーンの近縁種)
・アメリカニレ(エルムの近縁種)
・オニグルミ(ウォルナットの近縁種)
・レッドオーク、アカガシワ、ピンオーク (オークの近縁種)
・セイヨウハコヤナギ(アスペンの近縁種)
・セイヨウヒイラギ(ホリー)

日時
2014年4月20日(日)11時~15時30分
受付10時45分~
※受付場所など当日の詳細については約1週間前に確認のメールでお知らせいたします。

会場
神戸市立森林植物園

※交通機関について
三宮バスターミナル≪JR三ノ宮駅東口を海側(南側)に出ると見える緑色の建物がミント神戸で、
1Fがバスターミナルです。≫から10時発の路線バスに乗っていただくか、
北鈴蘭台から10時5分発の無料バスに乗っていただくと間に合います。
(北鈴蘭台から植物園まではタクシーで7分くらい、1000円程度です。)

帰りは15時50分発の北鈴蘭台行きか、16時発の三宮駅前行きに乗ることができます。

参加費
会員 4,000円 一般 4,500円

※改めて事務局より受付確認メールをお送りいたします。参加費は受付確認メールを受け取って1週間以内にお振込みください。

※確認メールが届かない場合は事務局(info@afet.jp)までお問い合わせください。

※キャンセルについて
1週間前(4月13日)までのキャンセルは振り込み手数料を差し引いた額を返金いたします。4月14日以降のキャンセルの場合は全額キャンセル料金となり返金できません。

※お子様連れで参加される方へ
15歳以下のお子さんは無料ですが、数種類の樹木を時間内に見て回るため、移動距離がかなりあることをご了承ください。(途中でご自分のペースで移動される際はスタッフにお声かけください。)

案内役・講師
堤千恵(AFET副会長)
Inner Garden…花と植物の学びと癒し 主宰

準備していただくもの

・筆記用具
・クリップボード(A4横型が理想)
・B5ぐらいの薄い紙(コピー用紙でも可)を10枚程度
・クレヨンかクーピーペンシル1本~
・必須ではありませんが、あれば便利なもの: ルーペ、双眼鏡
・スケッチをしたい方はスケッチブック、画材(色鉛筆など)

※歩きやすい靴と服装でいらしてください。
※お昼をはさみますのでお弁当をご持参ください。
(園内のカフェで食事も可能ですが日曜は混みあう場合があります。)

お問い合わせ先
ご不明な点は事務局までお問い合わせください。
※当日の詳細については約1週間前に確認のメールでお知らせいたします。

お申込・・・終了しました。ありがとうございました。

2/23, 3/23 フラワーエッセンス樹木さんぽ・京都府立植物園

トチノキ
レッドチェスナット

『バッチフラワーの樹木を観察しながら、植物園を歩いてみよう』

樹木が好きな方、フラワーエッセンスに興味のある方なら
どなたでも気軽に参加していただくことができます。

2月23日には冬の中で着々と春の準備を進める植物たちを、
3月23日には春を迎える植物たちの様子を見ることができます。
両方を見ることができると、樹木の芽吹く力を体験できます。
一方だけの参加も可能です。

進行役はスタッフの高原がやらせていただきます。
フラワーエッセンスになっている樹木のある場所にご案内し、
観察の仕方やフラワーエッセンスについて簡単に解説します。

京都府立植物園には、フラワーエッセンス関連の樹木として、
・ベニバスモモ(チェリープラムの仲間)
・オニグルミ(ウォルナットの仲間)
・トチノキ(ホワイトチェスナットの仲間)
・レッドチェスナット
・アキニレ、ノニレ(エルムの仲間)
を見ることができます。

運がよければ3月23日にはベニバスモモとノニレの花が見えるかもしれません。
(例年はこの時期が満開です。)終了後も残って観察していただくこともできます。

ベニバスモモ
ベニバスモモ

【開催日時】
2月23日(日)13時~14時30分
3月23日(日)13時~14時30分
集合時間:京都府立植物園北門・・・12時50分
※一方だけの参加も可能です。
状況により多少延長の可能性があります。

【会場】
京都府立植物園(集合:北門・・・12時50分)

・JR京都駅(近鉄「京都駅」、阪急「烏丸駅」)から
京都市営地下鉄「北山駅」下車3番出口すぐ
・京阪「出町柳駅」から市バス1系統、または京都バス
「静原」「市原」行きバス停「植物園前」下車徒歩5分

【案内役】
高原大輔(AFET会長)
フラワーエッセンス&ハンズオンヒーリング Seeds of Angelica主宰

【参加費】
各回 1,500円(会員)、1,800円(一般)
(定員12名)

※参加費は当日会場でお支払いください。
※お子様連れでの参加もできますが、事前にお知らせください。ご希望にお答えできない場合もありますので、予めご了承ください。

【準備していただくもの】
とくにありません。筆記用具、カメラ、スケッチブックなど
ご自身のニーズに合わせてお持ちください。

【お問い合わせ先】
ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

【お申込】
フラワーエッセンス樹木さんぽ・京都府立植物園申込フォーム

2013/5/26 フラワーエッセンスの花と植物に親しむ会

フラワーエッセンスの花と植物に親しむ会 『オリーブの恵みを受け取る』

オリーブ

古代よりオリーブは平和の象徴であり、
どんな老木であっても最後まで実をつけることを絶やしません。

バックエッセンスにもあるオリーブのフラワーエッセンスは
心底疲れた状態であっても活力を取り戻し、
生命力を維持し続けることを助けてくれます。

そんなオリーブの木と花のエネルギーをたっぷり感じてみませんか。

オリーブの花の時期は5月下旬~6月中旬。
ちょうど花は見頃かと思います。

小豆島のオリーブ園は広い敷地にたくさんの古いオリーブの木があり、
海をみながらゆったりと過ごすことができます。
オリーブ園で花や樹木の様子を観察し、各自オリーブの木と対話する時間をとります。

また、ハーブガーデンでフラワーエッセンスにもなっている花をいくつか観察し、
それぞれの性質の違いも学びます。(ヤロウ、バーベイン、エケネイシャなど)

フラワーエッセンスがはじめての方も
フラワーエッセンスの基本についてレクチャーしますのでぜひ参加ください。

オリーブ

遠方の方は日帰りでは難しいかと思いますので、
ぜひ宿泊していただいて小豆島温泉につかったり、
島のアートなどに触れて、美味しいうどんやオリーブの料理など食べたりして、
いろんな恵みを受け取ってください。

【日時】 2013年5月26日(日)10時30分~16時
【場所】 小豆島オリーブ公園 アクセス

フェリーで各港に着いて、路線バス(坂手線・南廻り福田線)でオリーブ公園口下車。
そこから歩いて5分ほど上り坂を上がったところ。
※オリーブ公園とオリーブ園は隣接していますが、かなり離れています。
バスで来られる場合、降りるところを間違えないようご注意ください。

【会の流れ】
10時~10時30分
・オリーブ公園のオリーブ記念館前にて集合
10時30分~12時30分
・オリーブ園でオリーブの樹木と花、ハーブガーデンで初夏の花を観察
・フラワーエッセンスのミニレクチャー
12時30分~13時30分
・公園内のレストランでお昼
13時30分~16時
・オリーブ記念館でオリーブについて学ぶ
・それぞれ自由にオリーブの木との対話とスケッチ
・室内に移動してシェアリング
・オリーブのフラワーエッセンスの服用ボトルをつくる

【案内役】 堤 千恵(フラワーエッセンス療法学会副会長)
Inner Garden主宰

【参加費】 6000円(服用ボトル付き)
※雨天も決行の予定です。
※一日雨であればサン・オリーブの会議室でのワークを織り交ぜながら、外での観察も行います。

【参加資格】 正会員、準会員、一般

【持参物】
スケッチブック、画材(色鉛筆など)、ビニールシートまたは持ち運びできるイス
※オリーブの花はとても小さいのでルーペを持参していただくと便利です。

【宿泊について】
5/26はオリーブマラソンがあるため、オリーブ公園周辺の宿泊は参加
者用になっています。

小豆島で宿泊する場合、土庄港周辺にホテルが比較的多く、便利です。
土曜日は早めにご予約されることをお勧めします。

小豆島はリゾート目的で泊まる方が多いので、お一人での宿泊の場合
少し割高になることもあります。(シングル8000円~)
もっと安くというのであれば岡山か高松駅周辺のビジネスホテル(シングル5000円~)に宿泊して、

翌朝フェリーで小豆島へ渡るという手段もあります。
高松駅から高松港は歩いてすぐなのでとても近いです。

土庄港周辺のホテル
・小豆島国際ホテル http://www.shodoshima-kh.jp/
・ホテルグリーンプラザ小豆島 http://hgp-shodoshima.com/
・ビーチサイドホテル鹿島荘 http://www.kashimaso.com/
・小豆島グランドホテル水明 http://sgh-suimei.com/

【観光】
今年は瀬戸内国際芸術祭が開催されます。
5月はオフになっていますが、
島の美術館やアートは公開されているものもありますので、
ご興味のある方はこの機会ぜひ足を運ばれてはいかがでしょう。
瀬戸内国際芸術祭HP

【お申込み】
以下のリンクの申込フォームからお申込みください。

一般用(非会員用)講座申込

参加申込(会員用)

入会(準会員)・参加同時申込

※申込みフォームを送信し、事務局からの返信後1週間以内に参加費をお振込ください。振込確認をもって席が確保されます。

————————————–
振込先:

ゆうちょ銀行総合口座

記号:14450
番号:9981301
フラワーエッセンス療法学会

他の金融機関からの振込の場合

店名:四四八
店番:448
預金種目:普通貯金
口座番号:0998130
フラワーエッセンス療法学会
———————-

【キャンセルについて】
1週間前(5月19日)までのキャンセルは振り込み手数料を差し引いた額を返金いたします。5月20日以降のキャンセルの場合は全額キャンセル料金となり、返金できません。

オリーブ

オリーブ公園風車

2012/10/13 フラワーエッセンスの花と植物に親しむ会「秋の奈良・万葉植物から学ぶ日本人のエッセンス」

フラワーエッセンスの花と植物に親しむ会「秋の奈良・万葉植物から学ぶ日本人のエッセンス」

万葉集には日本人が親しんできたたくさんの植物が出てきます。

歌の中には古代の日本人がその花や植物に感じたさまざまな思いが込められています。

それを知ることは日本人がどのような花や植物と関わってきたかを知る手がかりにもなります。

 

今回の「フラワーエッセンスの花と植物に親しむ会」は

世界遺産となっている奈良の春日大社の中にある萬葉植物園でおこないます。

日本人が親しんできた植物を観察し、

改めて日本人である私たちが今どのように感じ、

どのような花や植物に惹かれるのかみていきたいと思います。

 

背後に、古代より神聖視された春日山の原始林が大切に保存されているこの場所で

花や植物を感じることには、古代日本人のスピリットとつながる経験にもなるように思われます。

日本の花から作られたフラワーエッセンスへの理解もかねて、

この土地で育つ花や植物と向き合ってみましょう。

 

※日本の花(ススキ、ツユクサ、クズ、キキョウなど)から作られたフラワーエッセンス(ルミニス・エッセンティア)の服用ボトルをつくって持ち帰ることもできます。

【日時・場所】

10月13日(土) 10時30分~16時45分

集合場所:萬葉植物園正面入口

受付:10時20分~

春日大社神苑萬葉植物園

春日大社境内案内図

交通アクセス

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から奈良交通バス(春日大社本殿行)約11~15分、「春日大社本殿」下車すぐ

または、奈良交通バス(市内循環外回り)約9~13分「春日大社表参道」下車、徒歩約10分

 

 

【講師】

・堤 千恵(フラワーエッセンス療法学会副会長)

Inner Garden主宰

 

【持参していただくもの】

・スケッチブック、画材道具(色鉛筆、パステル、絵の具など好みで)、敷物、ルーペ(あると便利)

【参加資格】

・特にありません(一般、会員)

 

【参加費】

・6,000円(会員)
・6,500円(一般)

※別途入園料500円が必要です

※翌日10月14日(日)の京都で行われる「フラワーエッセンス講座」同時に申込みされる場合は割引があります。

会員:6,000円+13,000円=19000円→16800円

一般:6,500円+15,000円=21500円→19800円

 

【お申込み】
以下のリンクの申込フォームからお申込みください。

一般用(非会員用)講座申込

参加申込(会員用)

入会(準会員)・参加同時申込

※申込みフォームを送信し、事務局からの返信後1週間以内に参加費をお振込ください。振込確認をもって席が確保されます。

————————————–
振込先:

ゆうちょ銀行総合口座

記号:14450
番号:9981301
フラワーエッセンス療法学会

他の金融機関からの振込の場合

店名:四四八
店番:448
預金種目:普通貯金
口座番号:0998130
フラワーエッセンス療法学会
———————-

 

【キャンセルについて】

1週間前(10月6日)までのキャンセルは振り込み手数料を差し引いた額を返金いたします。10月7日以降のキャンセルの場合は全額キャンセル料金となり、返金できません。

2012/7/28フラワーエッセンスの花と植物に親しむ会

フラワーエッセンスの花と植物に親しむ会 「ユリをとおして私の中で響きあうもの」

◆植物観察会の開催場所について

今後AFETの植物観察会は、放射能の影響を考慮し、当面関西で行うことにしました。そのため、7月6日に予定していました薬用植物園での「フラワーエッセンスの花と植物に親しむ会」は7月28日六甲高山植物園での開催に変更になりましたのでご了承ください。

 

その時期の花や植物を野外に出てグループで観察する会です。自然と触れ合う経験を楽しみ、花や植物が好きな人たちと交流することができます。フラワーエッセンスをあまり知らない方も参加できます。

【日時・場所】

7月28日(土) 10時30分~17時

六甲高山植物園 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150

交通アクセス

神戸市バス16系統で六甲ケーブル下駅
ここからケーブルで山上駅
http://www.rokkosan.com/cable/
山上駅で六甲山上バスに乗ります。
※六甲高山植物園は夏でも涼しく、六甲ガーデンテラスなども近くにあり、山の空気がとても気持ちいい場所です。
http://www.rokkosan.com/gt/

 

【内容】

花盛りの夏にユリ科の花を中心に触れ合ってみましょう。

夏の六甲は涼しく、風もさわやかです。
近くには神戸の街が一望できる六甲ガーデンテラスもあります。

外国の森のような六甲高山植物園で一日過ごしてみませんか。
フラワーエッセンスの知識があまりない方も参加可能です。

『六甲山頂付近に位置する当植物園は海抜865m、
年平均気温約9℃(北海道南部に相当)という気候を利用し、
世界の高山植物、寒冷地の植物を中心に、
六甲山自生植物など約1,500種類を栽培しています。

植物学者・牧野富太郎博士の指導により昭和8年(1933年)に開設され、
高山植物園としてはわが国で最も長い歴史を誇ります。
また、天皇家ご三代が行幸啓されるなど由緒ある植物園としても知られています。』
六甲高山植物園HPより

日本には日本固有のユリが多くあり、
日本人はユリと親しんできた歴史があります。

六甲高山植物園でもヤマユリ、ニッコウキスゲ、ウバユリ、ユウスゲ、コオニユリ、カノコユリなどユリ科の植物が沢山見られます。

ユリ科の特徴をじっくり観察して、
ユリから受け取ったもの、感じたことをグループでシェアリングします。


ユウスゲ


ヤマユリ


コオニユリ


ニッコウキスゲ


ウバユリ


カノコユリ

 

【講師】

・堤 千恵(フラワーエッセンス療法学会副会長)

Inner Garden主宰

・スタッフ:高原、大迫

【持参していただくもの】

・スケッチブック、画材道具(色鉛筆、パステル、絵の具など好みで)、敷物、ルーペ(あると便利)

【参加資格】

・特にありません(一般、会員)

【参加費】

・6,000円(会員)
・6,500円(一般)

※別途入園料600円が必要です

※ コオニユリ、またはユウスゲの服用ボトルを作って持ち帰ることができます。
(現地でフラワーエッセンスを作るわけではありません。)

【お申込み】
以下のリンクの申込フォームからお申込みください。

一般用(非会員用)講座申込

参加申込(会員用)

入会(準会員)・参加同時申込

 
※申込みフォームを送信し、事務局からの返信後1週間以内に参加費をお振込ください。振込確認をもって席が確保されます。

2012/4/14,15 フラワーエッセンスワークショップ

花との関係を深めるフラワーエッセンスワークショップ

「桜・・・再生していく、いのちに学ぶ」

開催決定!! 受付中

◆日時

2012年4月14日(土)11時集合、15日(日)16時解散

◆会場

4/14 多摩森林科学園・高尾わくわくビレッジ(学習室)

4/15 高尾わくわくビレッジ・学習室

◆宿泊

高尾わくわくビレッジ

※部屋は相部屋になります。

————————————————————

桜は日本に古来から自生しており、

日本人にとって魂の花ともいえる植物です。

寒い冬から春へと移り変わるとき、

桜の花の華やかさは心躍る光景となります。

つらい時期から

少しずつ心に明るさを取り戻していくときの過程にも似ています。

花が咲いていないときも桜は生きています。

寒く冷たい冬を耐え抜き、短い期間に一斉に花を咲かせます。

そして惜しみなく、すぐに散って次のサイクルへと移ります。

その様子は私たちに変容・再生していく力を感じさせてくれます。

震災以後、多くの人が日本という国に生まれてきたことに対して、

さまざまなことを感じ、考えたのではないでしょうか。

私たち日本人にとって2011年の桜を見ることは、

大きな意味を持っていたと思います。

*    *    *    *

フラワーエッセンス療法では、

使用するエッセンスが見たことのない花からつくられたものか、

それとも身近な、個人にとって意味のある花から

つくられたものかによっても、受け取ることのできる作用に

違いがあるように思います。

日本人にとっては切り離せない花である桜をテーマに、

「日本人にとっての桜」と「個人にとっての桜」という2つの側面に

焦点をあて、2日間にわたって桜のアーキタイプについての体感を

深めていきます。

————————————————————

★フラワーエッセンスワークショップの目的

・一つの植物を取り上げ、植物観察やアートワークをおこない関係を

じっくり築く。

・同じ科や属のフラワーエッセンスについての理解を深める。

・グループで取り組み、経験をシェアすることによって、

さまざまな見方があることを知る。

・花を観察し、長く時間を過ごすことで生まれる内的経験を表現する。

・観察される花の本質であるテーマと個々に向き合い、

そのプロセスを経験し、統合する。

————————————————————

◆日時

2012年4月14日(土)11時集合~15日(日)16時解散

◆会場

4/14 多摩森林科学園・高尾わくわくビレッジ・学習室

4/15 高尾わくわくビレッジ・学習室

◆会場アクセス

多摩森林科学園

入園料大人400円

高尾の森わくわくビレッジ

◆宿泊

高尾わくわくビレッジ

※お部屋は相部屋となります。

※駐車は無料ですが、お車で来られる方はお知らせください。

◆宿泊費

※基本的に宿泊ですが、通いでの受講も可能ですので、ご希望の方は申込み時にお知らせください。

5500円(2食込み)は参加当日にお支払いください。

◆参加資格

フラワーエッセンスの服用経験と植物観察の経験がある方

◆参加費

1月末までのお申込みが大変お得です!

会員     30,000円(振込期限:申込後1週間以内)

一般    33,000円(振込期限:申込後1週間以内)

※会員の方の参加申込みには2012年度の更新手続きが必要です。

(年会費:準会員3000円、正会員5000円)

◆申込み・・・4/7まで受付可能となりました。

以下のフォームからお願いいたします。

※基本的に宿泊ですが、通いでの受講も可能ですので、ご希望の方は申込み時にお知らせください。

会員用
※2012年度会員更新にチェックが必要です。お振込は会費と受講費をあわせた額になります。お振込後に更新フォームから更新手続きを行ってください。会員更新されない場合は一般での申込みとなりますので一般用のフォームからお願いいたします。

一般用

入会(準会員)・参加同時申込

◆定員

20名

◆締め切り

3月10日または定員に達した時点

 

◆キャンセルポリシー

受講費をお支払い後にキャンセルされた場合返金はできません。

宿泊のキャンセル料金は20日前から50%、3日前から全額いただきます。

◆講師

堤千恵

田中由紀(アートワーク)

◆持参物

・筆記用具

・スケッチブック、色鉛筆などの画材

・1日目はお弁当を持参してください。

・タオル、歯ブラシセット、パジャマ等

※多摩森林科学園でのクラスは歩きやすい、しっかりした靴で。

※アートワークで使う材料はこちらで用意いたします。

◆準備

申込み後、各自桜の木を一本決めて、冬から春にかけての観察を数回おこなってください。

観察の日付、天気、観察したこと(樹の表面や枝の様子、葉、芽、花、全体の様子、環境との関係など)、観察して気づいたこと、

観察をとおして体験したことをまとめて、ワークショップの2日目にシェアをおこないます。

◆単位関連

※AFET認定プラクティショナーの認定単位は【4単位-C3】です。レポートの提出は不要です。

※正会員移行のための植物観察レポートとして提出も可能です。

————————————————————

~スケジュール~

4/14

11:00  多摩森林科学園に集合(受付10:40~)

11:10 「さまざまなサクラと出会う」

オリエンテーション&サクラ保存林をまわる

13:00  昼食タイム(お弁当を持参してください)

13:30 「サクラと静かに過ごす時間」

各自サクラとの対話・観察・創作

15:30  わくわくビレッジへ移動

わくわくビレッジの受付

18:00  夕食

19:00 「サクラ全体のアーキタイプ~

日本人とサクラとの関係について理解する」

サクラについて・サクラ属のフラワーエッセンスについて

21:00  1日目終了

4/15

8:00  朝食

9:00 「めぐる生命と創造性」アートワーク体験

講師:田中由紀

12:00  昼食

13:00 「個々のサクラ体験を共有する」

参加者のサクラについて観察したこと・表現されたことのシェア

16:00  終了

※上記スケジュールは予告なく変更になる場合があります。

5/15 フラワーエッセンスを理解するための植物観察会(初級)

「生きた花から学び、エッセンス(本質)を理解する~5月の花を中心に~」

実際に花に触れてフラワーエッセンスと花との関係の基本を学ぶ植物観察会です。

フラワーエッセンスの本質を理解して使うためには、本来の姿である花をじっくり観察することが重要な経験となります。
花・植物を客観的に観察するポイントを、フラワーエッセンスと関連のあるいくつかの植物を見ながら説明します。

観察場所の神代植物公園はちょうどバラが見頃です。主に原種バラコーナーとハーブガーデンなどを中心に観察をおこないます。ワイルドローズ、日本のノイバラ、グリーンローズ、アイリス、トチノキ(ホワイトチェスナット)、ベニバナトチノキ(レッドチェスナット)など見られます。

フラワーエッセンスは初めてという方から使用経験の長い方まで参加していただくことができます。

参考:昨年の植物観察会(中級)の感想(コメント欄)など

【日時・場所】

5月15日(日)
9時30分~12時30分(受付9時15分~神代植物公園正門前)
雨天決行

9時30分
集合

9時45分:
植物を確認しながら、観察の仕方を解説
バラ園(原種とオールドローズのみ)→山野草園→一年草園→宿根草園

11時
観察したい花を選んで各自観察・スケッチ

11時45分
観察結果をグループでシェア

神代植物公園東京都調布市深大寺元町5-31-10・・・地図

・京王線「つつじヶ丘」から京王バス 深大寺行き 「神代植物公園前」下車
・京王線「調布」から小田急バス 吉祥寺または三鷹行き 京王バス 深大寺行き 「神代植物公園前」下車
・JR「三鷹」・「吉祥寺」から小田急バス 調布駅北口または深大寺行き 「神代植物公園前」下車

【講師】

・堤 千恵(フラワーエッセンス療法学会副会長)

Inner Garden主宰

【持参していただくもの】

・スケッチブック、画材道具(色鉛筆、パステル、絵の具など好みで)、敷物、ルーペ(あると便利)

【参加資格】

・一般、準会員、正会員

【参加費】

・一般3,000円、会員2,500円 (別途入園料500円が必要です)

【定員】

25名程度

【お申込み】

以下の申し込みフォームからお申込みください。

申込フォーム(一般用)
申込フォーム(会員用)
申込フォーム(準会員入会と参加同時申込)

※申込みフォームを送信し、事務局からの返信後1週間以内に参加費をお振込ください。振込確認をもって席が確保されます。

【お振込先】

みずほ銀行 新橋中央支店(051)
普通 口座番号 2119018 フラワーエッセンス療法学会

【キャンセルについて】

1週間前(5月8日)までのキャンセルは振り込み手数料を差し引いた額を返金いたします。5月9日以降のキャンセルの場合は全額キャンセル料金となり、返金できません。